体幹ゼロ障害児とアウトドアを

アウトドア夫婦に生まれた肢体不自由児さ~やの冒険記

吸引器2台持ちのススメ!小型機の追加で外出や万が一の時に備える。

f:id:TheWhiteFang:20200129001303p:plain

嚥下ができず唾や痰を取り出してあげる必要がある場合、吸引機は必須です。

 

恒常的に使うなら電動になると思いますが、電動吸引器の中にはしっかりと安定したつくりのために大きく重いものもあり、持ち運びづらいのが欠点です。

 

そこで、持ち運びが便利で、外出の時にも携行しやすい小型で軽量な吸引機の紹介と、万が一の時の吸引機2台体制について考えてみました。

 

 

お手持ちの吸引機は?

パワースマイル!が大半!?半径5m調査

 

おそらく最初に出会う吸引機はコレではないでしょうか。

楽天より引用  

新鋭工業の電動吸引機「パワースマイル」

 

我が家はさ~やが生まれてすぐにこれを病院で勧められ購入しました。周りもパワースマイルユーザーばかり。むしろ他を見たことがないぐらいです。

 

パワースマイルはしっかり安定した作りで、吸引したものを貯めておく容量が最大700mlと大きく、ポンプへ液体が流入しないように安全瓶もあります。

 

医療機器なので精密に作られているのは安心ですが、いかんせんサイズが大きい!そして重い!

 

カタログサイズで幅19cm奥行18cm高さ24cm、重さ約2.3kg。

 

大き目のキャベツ2個ぐらいの感覚でしょうか。

 

据え置きならまだしも、持ち運びには適さないサイズです。

 

そこで小型の吸引器がないかネットで検索したところ、いくつかヒットしました。

 

ピジョン、ベビースマイル、化学用のアスピレーターなど数社。

 

吸引機自体の性能としては、安定した陰圧が確保できればいいので、化学分野で使われている製品を代用しているものもありました。

 

しかし、それらのスペックを比較していくと、そのほとんどが『AC電源のみ』で外出先で使うことが想定されていませんでした。

 

その結果、パワースマイルと同じ新鋭工業の「スマイルキュート」一択!という結論になりました。

 

楽天より引用 

 

パワースマイルユーザーであればスマイルキュート一択!?

小型・軽量、何よりバッテリーの互換性!

 

「スマイルキュート」のメリットは何といっても軽いこと!

 

約1.0kg!

 

軽い!!パワースマイルからキャベツ1個分ぐらいに減りました。

 

近年マイナーチェンジされ重量が前の製品の33%軽量化されたようです。

 

カタログサイズは幅25cm奥行9cm高さ22cm。

 

大きさとしてはパワースマイルが薄くなった感じです。

 

吸引機利用者はわかると思いますが、吸引機はそれ本体だけでなく、吸引のチューブ、使用後のチューブ内を洗う水など付属品も必要です。

 

吸引機と付属品の合計が軽いこと、そしてかさ張らないに越したことはありません。

 

パワースマイルとの違いは、吸引物の容量が500mlと若干少ないこと、安全瓶がないところです。

 

安全瓶はありませんが、過剰な吸引防止の仕組みは作られているので、ポンプに液体が入ることはありません。

 

軽さでいうと他の製品も同じぐらいですが、なぜこれを勧めるのかというと、「パワースマイル」とバッテリーの互換性があるということです!

 

それはつまり、どちらかが壊れた時にバッテリーだけ変えればサブ機としての役割も果たせる!ということです。

 

既にパワースマイルユーザーであれば強く勧められる点です。

 

吸引機の万が一の時のについて考える

壊れた時、そして非常時

 

吸引機も機械です、いつ壊れるか分かりません。

 

どのくらいの期間で新しいものが手に入るのか、手に入るまでの間は手動タイプで補えるのか、そもそも手動タイプは常備してあるのか、など、もしもを考えるとキリがありません。

 

ですが、吸引が生存に欠かせないものであれば、そのもしもの時に備えておく必要は絶対にあります。

 

例えば、一台はパワースマイルのようなしっかりしたものを家に常設し、もう一台はサブ機として軽量なものを携行用として準備しておくと、日常の使い分けもできて便利です。加えて、バッテリーなども予備を持っておくべきでしょう。

 

また、災害など非常時に避難するときにも吸引機は必須ですが、他に必須の医療機器、着替え、オムツなど荷物が多くかさ張ると行動に支障が出てきます。ここでも小型軽量な製品は有効だと思います。

 

我が家のパワースマイル、スマイルキュートはそれぞれ2代目ですが、どちらも5年くらいで調子が悪くなり買い換えました。

 

毎日、毎日毎日…頻繁に使うものですから劣化もします。

 

既に2台体制だったので、日常生活には支障ありませんでした。2台になると稼働時間も分散されますので長持ちするでしょう。

 

バッテリーの持ちは、さ~やの場合、およそ1時間に1回の痰吸引が必要ですが1日は持ちます。 このため日常的には1つ、ちょっと遠出なら予備で1つ追加しています。

 

電源としては、車のシガーソケットからも電源供給できますしACアダプターからでも可能です。電源タイプが様々選べるのは、これまたもしもの時に大変便利です。

 

ただし、以前飛行機に乗るときに吸引機の電源で手間取ったことがありましたので、飛行機に乗る際には必ず電源が何かを航空会社に伝えて下さい。 

www.sa-yato.com

  

さて、この「スマイルキュート」ですが、なぜか新鋭工業のホームページには載っていません。ネット通販では検索でき、詳細が確認できます。

 

スマイルキュートは収納バッグ付きのセットも販売されています。

 

普段の外出ならセットの手提げタイプでもいいですが、外遊びやアウトドアで使う場合は肩掛け紐がついたバッグをオススメします。両手が塞がってしまうと動作が限られてしまうからです。

 

我が家はモンベルのショルダーバッグを使っています。お店で実際に吸引機を入れて試してから買いました。他にも、カメラ用のショルダーバッグなど底がしっかりしているものがいいかもしれません。

 

まとめ

 

常設用と携行用、使い分けると外に出る準備がグッと楽になり、そして、もしも片方が壊れた時にも安心です。

 

我が家も「スマイルキュート」を購入してから、アウトドアなど外に出かける機会が断然増えました。

 

今回は「パワースマイル」ユーザーには「スマイルキュート」が相性がいいと書きましたが、既にお手持ちの吸引機とバッテリーの互換性がある製品を探してみるといいと思います。

 

是非、2台体制を考えてみてください。