体幹ゼロ障害児とアウトドアを

アウトドア夫婦に生まれた肢体不自由児さ~やの冒険記

ときどきインドア

アウトドア体験をお家の中で障害児に伝える。popIn Aladdin2を導入した感想。

コロナ、長梅雨…。 障害児も積極的に外の世界に出ていくことで、五感が刺激され、心身の発達に良い効果がある!と考えてはいますが、現在は外出に二の足を踏んでしまう状況です…。 そんな中、政府からの10万円の援助もあり、家の壁が大型スクリーンになるpop…

寝返りができない肢体不自由児の暑さ対策。寝汗、背中のムレを解消する便利グッズ!

梅雨からはじまる蒸し暑さ…。 日中はさすがにエアコンをつけますが、夜、エアコンをつけたまま寝ると翌朝身体がテキメンにダルいので、我が家はもっぱら扇風機派です。 ただし、扇風機の風は「弱」、首振りにして、なおかつ風を壁に当てることで、跳ね返って…

感じて奏でる!「ミュージッキング」は誰もが音楽に参加しているってこと。

音楽は刺激的! 肢体不自由児に限りませんが、もちろん音楽も子供の感覚、そして感性に刺激を与えられる方法です。 ただ、音楽を単に聴かせるのではなく、聴かせながら感じるままに音を出させてみることで子供の音楽への興味を育てたり、障害児の発達を促そ…

装具の役割と実例、全介助の肢体不自由児の場合。全身サポートの役割はまるで甲冑。

地方に住んでいると福祉関係の情報が乏しく、自分たちで情報を取りに行かないと、その子に合った、もしくはその家庭合った情報が充分には供給されません。 「装具」についても同様です。 病院やリハビリ施設で適宜教えてくれますが、こちらから調べて提案す…

おうちで親子リハ。知って欲しい4つのメリットとWin-Win の関係。

身体を自由に動かせなかったり筋肉に緊張がある障害児の場合、何もしないと筋肉やスジが固まって発育が遅れたり、変形の原因になるので、それらをほぐしてあげるリハビリが重要です! だいたいは先生がいる施設に通ったり、家に来てもらったりすることが多い…